So-net無料ブログ作成

公正取引委員会の指摘によりドコモはケータイ本体の販売価格を見直し!販売店の判断により「本体値引き」も可能に? [ケータイ]

ドコモ


逆戻り?

コチラでも紹介していましたが、ケータイ各社は総務省の指示により「ケータイ本体の値引きは禁止」されています。

3つのテーマに沿って総務省が作成したガイドラインに従った結果ですね。
・ライトユーザーを対象とした割安な料金プランを設ける
・格安スマホの利用者を増やす対策
・MNPユーザーを優遇する複雑な販売方法の見直し


ただ実態は、月額5000円以下になるように「高速通信ができるデータ量を少なくして月額料金を下げた」だけでした[もうやだ~(悲しい顔)]

ケータイ利用者の多くは月額料金が変わらず「ケータイ本体は高い、月額料金も高い」状態だと想像します。

このような背景が影響しているのかわからないですが、ドコモはケータイ本体の販売価格について見直すことが報道されていますよ!
(参照元:産経新聞「ドコモが支払い方法見直し、販売店裁量で値引きも」

報道によると、現在の販売方法は「販売価格の拘束に当たる」と公正取引委員会から指摘があったとか。

「自由な価格設定を妨げている」ということから、ドコモは販売店の判断によって「本体値引きも含めて」自由に価格設定できるように見直します[グッド(上向き矢印)]

これって、総務省のガイドラインに合わないような[がく~(落胆した顔)]

総務省と公正取引委員会の指摘に対して、ドコモがどのような結論を導き出すのか注目ですね。

そういえば、先週末にケータイを販売する店員さんと会話する機会があったのですが「iPhone7はiPhone6sよりも売れていない。特にドコモが売れない。」と嘆いていました。

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!
ドコモ口座キャッシュゲットモール

タグ:ドコモ
nice!(49)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 49

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました