So-net無料ブログ作成

日本通信はSIM事業「b-mobile」をU-NEXTへ譲渡へ!サービス内容や変更は継続協議 [ケータイ]

bmobile-logo.jpg


老舗の撤退[もうやだ~(悲しい顔)]

格安SIMを販売するMVNOの草分け的存在であった「日本通信」ですが、SIM事業をU-NEXTへの譲渡を発表しました!
(参照元:日本通信はU-NEXTとSIM事業で協業

従来、日本通信は格安SIMの市場でシェア1位でしたが、多くの企業が参入したことで価格競争が起こり、ブランド力の差だと思いますがシェア4位まで落ちていたようです。

日本通信は個性的なプランを販売していて、例えば、コチラで紹介していたデータ通信量に応じて月額料金を決める「b-mobile おかわりSIM」があります。

日本通信「b-mobile おかわりSIM」の料金設定


日本通信によると「定額プランの無駄なデータ量を排したSIM」なので、あまり使わない月はデータ定額料金を抑えられるプランとして魅力がありますよね。

最近ではコチラで紹介していた、1500円で30日間ポケモンGOが使い放題になるポケモンGO専用SIM「b-mobile ゲームSIM」を発表しています[グッド(上向き矢印)]

一方、VAIOブランドのスマートフォンを開発したことをコチラで紹介しましたが、この「VAIO Phone」は大量の在庫になってしまったようですね[ふらふら]

格安SIMは本当に多くの企業・ブランドが販売していますよね。
正直なところ知らない企業も沢山あったり[たらーっ(汗)]

各社、月額500円ほどで販売しているので想像するに大変そうですよね。
ドコモ、au、ソフトバンクは基地局の設備費や次世代通信の研究などにお金がかかると思いますが、約10倍の月額5000円ほどするので格安SIMの安さが際立ちます[わーい(嬉しい顔)]

格安SIMを販売している企業は沢山ありますが「老舗企業の撤退」がきっかけで淘汰が始まるかもしれないですね。

NURO光お得なキャッシュバック&割引キャンペーン!
ドコモ口座キャッシュゲットモール

タグ:日本通信 SIM
nice!(47)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 47

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました